冬は氷瀑!!・・・稲武の氷瀑ライトアップ*2018年2月

今年はやけに寒い(。>ω<。)ノ
朝、なかなか起き上がれないし、道は凍るし。。。なかなか滝が遠のく季節です(。pω-。)

何年か前から始まった豊田市稲武町の湧き水広場のオブジェ?というのでしょうか?毎日水を掛けて凍らせているらしく、気温の低い1~2月の間(溶けるまで)、毎日18:00~21:00までライトアップされています
所在地;豊田市稲武町六郎木
    大井平公園駐車場から“風のつり橋”を渡り左へ(徒歩9分)
    ※夜は足元が真っ暗のため、灯りがあると良いです
駐車場;大井平公園駐車場(約60台)※トイレあり

因みに私は滝のすぐ前の道路まで車で入り、ささっと観て帰ってきましたが、週末などは混んでいる場合もありますので、お気をつけ下さい。滝の周辺は道が凍っていますので、ツルツルでした!!冬の装備も必要だと思います。

稲武 滝02

ちょっと離れた所から観るのが綺麗でした♪


稲武 滝03

稲武 滝01

冬季に氷瀑を観るのは寒いし大変!!こんなに気軽に楽しめるのは良いですね~♪









スポンサーサイト

初詣は氏神様と滝にね~松平東照宮・二畳ケ滝~

初詣は滝へ・・・でお馴染みのマウナでございます( ̄^ ̄)ゞ
滝の前に地元の松平東照宮へ初詣
知らなかったのですが、参拝中に後ろでおじさんが『ここは武道の神様で・・・』とか言っていました!!(次男と心の中で『知らんかった~Σ(ω |||)』って叫びました!!)
どうしたもんか・・・我が家には武道系が居ないわ~(;´∀`)Aテニスにダンス・・・西洋かぶれしまくりな子育てに今更ながら日本人として恥ずかしくなったりしてね○| ̄|_

そして二畳ケ滝
松平東照宮から近いです!豊田市の滝脇小学校を目指して突き当りを右折→少し広くなった所に看板があります。駐車場から階段で直ぐですよ~(・Д・)ノ

二畳ケ滝看板

滝つぼへは行けませんが、滝の上も良いですよ~♪
豊田市には滝が少ないので、貴重です!!皆さん、是非行ってみてね♪(滝大使?)

 二畳ケ滝


因みに豊田市のPR動画あったんですね~!!

寿老の滝@岐阜県恵那市

秋晴れに紅葉~(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)ノ
さぁ!山へ行こう!!
・・・と、言いたい所ですが、この秋は色々ありまして、思うように一日ゆっくり山を歩くことができません(´・_・`)
チラ見日記ばかりですが、お隣さんの岐阜の素晴らしい所をお伝えしま~す♪
根の上高原
 
たまたま418号を走っている時に滝まで4km!!の看板を見つけて、あまりデータもないまま、着の身着のまま?寄ってみました♪
どうやら、屏風山口あたりで、何も知らない私は車に装備された靴と上着に着替え、歩く気満々で車を降りたのですが、駐車場から10歩くらいですぐに姿が現れ、逆に拍子抜けでした(笑)
住所三郷町椋実
TEL
恵那市三郷振興事務所 TEL:0573-28-1001
アクセス方法《車》中央自動車道「恵那IC」より、県道66号、国道418号線を経由約30分
屏風山 

養老の滝に対抗して名付けられたという感じでしょうか( ・´ー・`)それ程、養老の滝は世に知れ渡っていたということでしょうか・・・

看板 

滝の吹出が勢いよく噴射しているので、とても立派でした

寿老の滝03 


滝つぼに砂が溜まっていて、浅いので、お子様の水遊びには良さそう♪

寿老の滝02

気軽に観られる滝で地元の方に愛されているのでしょうね~(* ´ ▽ ` *)

帰りは、“らっせい三郷″の天ぷら蕎麦!!!
かき揚げがワラジの様に大きくて大変(''◇'')ゞおいしかった♡
らっせい三郷天ぷらそば 





串原“城山の滝”と“来若(くじゃく)の滝”@岐阜県恵那市2017年10月

串原の七つの滝

のうちの二つに行ってまいりました(*'ω'*)ノ
パンフレットをダウンロードしてから行きましょう!
豊田市から1h弱で行けるので、用事のついでに寄ってみました♪
常時、山奥に用事がある私って。。。謎の山女??(-∀-)(笑)

城山の滝口です↓
ほんの5分程度で滝が見られます
城下の滝01

整備された山道を歩き。。。
親切に階段が設置されていますので、楽々です♪
siro.jpg

城下の滝

落差12m
(10m以上あれば結構立派な滝です!!)
愛知の鳴沢の滝にちょっと似ていますが、周りの岩壁が切り立って凛々しい滝でした(*´v`)
近くの山の上に城があったのだそうです。串原城のことでしょうか?
城下の滝02

来若(くじゃく)の滝

看板を頼りにかなり細い市道を進みますので、ちょっと不安になりましたが、林道にまた看板を見つけました
来若の滝04 

けもの道と堂々と書いてありますが、何とか急降下の道がありました

来若の滝03

こんな感じです♪

kemonomiti.jpg 

川沿いまで急降下したら、右手に。。。

若者が来るように。。。と名付けられたらしいのですが、孔雀の方がやっぱりしっくりきそうな??(´∀`*)何にしても、素敵な滝でした♪

これは段々に広がった美しい滝・・・何とも癒される場所でした( *˘ω˘ *)

来若の滝01

来若の滝05 

全体はこんな感じで、ちょっとした水遊びもできそう♪(今回はしません)


串原にはあと五つも滝が残っています(^-^)/またいつか!!



稲妻の如く、雷鳴の様に激しく流れ落ちる滝~雷滝@長野~

雷滝
松川本流が雷鳴のように轟音を立てて落下しているので「雷滝」といい、滝の裏側を通り見れることから「裏見の滝」とも呼ばれ、平成15年3月1日に高山村の名勝に指定された。
 落差30m/幅5m
【場所】長野県上高井郡高山村奥山田荻久保
   

きっかけ( ^ω^)・・・
友人が紅葉のシーズンに行って良かったからと教えて貰いました♪
私が妙に食いついたのが「裏見の滝」という珍しい滝というところでしたヽ(≧∀≦)ノ♡
裏見の滝を初めてTVで観たのが熊本の鍋ヶ滝でした~♡いつか行ってみたいです♪
熊本の鍋ヶ滝

そして、雷滝に恋い焦がれて、ようやく叶いました!
今回は母も行きたい!!と言うことで、朝4時半に出かけることにしました♪
母が梅干しのおにぎりと黒にんにくを持ってきてくれて、スタミナも充分(笑)

朝8:30頃到着(駐車場)
※裏見の滝ということで、カッパ着用しました(おススメです)

雷滝駐車場 

降り口はすぐ横

雷滝05 

kaminaridaki1.jpg

ほんの少し下ると、直ぐに滝が見えてきます
このチラッと見えてくる滝が興奮します(キャッ♡)(//>ω<)(//>ω<)
雷滝04

すっっごい落ち方をしてます!!!!(足がすくむ)

雷滝01 

くぐって行くのがちょっと怖い・・・
でも、母は大はしゃぎでズンズン進みます(;'∀')ノお~い!

雷滝03 

この流れ落ちる様が「稲妻」みたいに見えるらしいです!!確かにギザギザしています( /ω)
ものすっっごい勢いがある滝で、ここは修行には向かないのかな~?なあんて考えながら、流れと共に自分の色んなものを流しました:(´◦ω◦`):思わず拝みたくなる様な、素晴らしい滝がお隣の県にあった!!!最高~♪
雷滝06 

滝の中腹辺りまでは階段があり、簡単に見られるので、群馬の草津やお猿さんで有名な地獄谷温泉などの帰りに寄ることも可能です♪



帰りにお猿さんの群れに遭遇しましたが、とても人慣れしているのか?何もありませんでした(;''∀'')


安曇ちひろ美術館
帰りに安曇ちひろ美術館へ寄りました♪
黒柳徹子さんの“窓際のトットちゃん”の本の表紙を描いた有名な絵本画家さんの美術館です。
沢山の絵本にこれまた母が大喜びでした♪
ちひろ02 

庭のブルーサルビアが綺麗でしたぁ(*´~`*)るん♪
安曇ちひろ美術館01

日本には花と滝がいっぱいです♪自然豊かな国に生まれて幸せです(*´ω`)









sidetitleプロフィールsidetitle

マウナ

Author:マウナ
女ひとりで滝巡り( *´艸`)
ある日突然「滝が呼んでる!!」と思い立ち、新城の百間滝に行ったことがキッカケで、滝の浄化とセラピー効果に魅せられ、滝の素晴らしさをお伝えしています♪主に女性でも行ける滝をご紹介しています(^^♪

*ゆるcolor~マウナ~*
◆マナカード
◆TCカラーセラピー
◆滝セラピー


【お問合せ先】sachimangogogo@gmail.com

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleAloha!!(*'ω'*)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる