蕎麦♪

(´ω`人)蕎麦が好き(´ω`人)

蕎麦って、とても素晴らしい食べ物なのですよ♪
アミノ酸やビタミンB1,B2が多く、消化酵素も多く含まれ、抗酸化効果でアンチエイジング効果や酒飲みな人、高血圧にも効果が期待できるんだそうです。また、食物繊維も多く、健康美容に最適♪しかも、美味しい♪
 でも、炭水化物ですから、やはり腹八分目が大事ですね(;´▽`A``気を付けます。。。


先月から中津川に通っているため、友人が教えてくれたのがきっかけでしたが、毎週の様に通っています♪

たくさんのメニューがありますが、季節限定メニューなどもあるそうで、楽しみです♪
但し、私はお腹を冷やさない為に、かけ蕎麦限定です(´∀`*;)ゞ

らっせいみさと02 

昼間は平日でも待ち時間がありますが、夕方は空いていて、“蕎麦がき”を注文しました♪ぷるぷるで美味しかったです(* ´ ▽ ` *)お子さんやお年寄りにも良さそうな、優しいメニューでした。

蕎麦の郷らっせいみさと02
こちらは、とにかくお店の方々が元気一杯で、食べるだけではなく元気も頂ける所です(´∀`*)


 そして、ラッキーなことに、先日バイト先の歓迎会も蕎麦屋さんでした♪
@愛知県豊田市竹生4-58
蕎麦くくり
 
こちらは、コースメニューもあり、どれも素晴らしく美味しくて、最後に蕎麦プリンも出てきました( *´艸`)蕎麦は勿論、つゆが最高です♪
***予約をおススメします***
soba.jpg 

スポンサーサイト

鏡の法則・・・頑固ちゃん

この世界は自分を映し出す為の鏡の様なもの~頑固編~


 実は私、5年ほど前から子宮を壊していて、ある尊敬できる方に相談したところ、
その方が私に言ったセリフ『自分で変わらなきゃ(身体のこと)治らないんだよ!誰かに治して貰うんじゃないんだよ!!』に、とても動揺しました"(-""-)"グサリ
 昔の自分なら『私のことなんて何も知らない癖に!!(*`・з・´)』と反発して、自分を閉ざして、その人の事も全部否定してとにかく自分を肯定しようとムキになってエネルギーと時間を使っていたことでしょう(笑)

でも今回はちょっと違いました。。。
そのまま『私の発言で、この人は私のことをそう見たんだ(そう見えていたんだ)』と受け止めました
・・・何でかな?
・・・『そっか!!私の本心や本音を隠して伝えようとしたものだから、ブレブレだったのかもしれない(伝わらなかった)』(´・_・`)
私は本音を隠してもっともらしい理由を並べて話す癖があるんですね。

 そして、過去に私も同じようなセリフを友人に言ったかも?『自分の考え(意見)はないの?』という様なことで怒ったことがありました。。。
結局、友人とはすれ違ったまま。。。『自分はそんな簡単に変われない!!』という事で、果たしてそれが本心だったのかも判らないまま、モヤモヤのまま終わってしまいました。

 鏡の法則とは、自分がした良い行いも悪い行いも、いつか同じ相手または違う相手から返ってくるというものです。そして、似たような課題を持った人同士というのは、大好きであり大嫌いな自分を映し出していたりします。
 だから、もし自分の嫌いなところに向き合うことが出来ないと、何度でも同じ様な嫌な思いをすることになり、逃げても逃げても遭ってしまう。。。因果応報とか輪廻転生で来世まで引き継いでしまうのかも?
または、自分の子供の課題として現れることもあります。
 
 でも、逃げないで受け止めて向き合って、その方に感謝することが出来たら、この課題は手放せるんですね~+.(*'v`*)+実は簡単でシンプルなことなのですが、解らないままでいると、最後は病気という形でお知らせが来ます。。。普通の人はここで気づいたり成長したりするのですが、もっと頑固な人は。。。やっぱ、来世で修業でしょうか(´・_・`)

 変わるのは一瞬ですよ!!(´∀`*;)ゞどのタイミングかは、人それぞれ。。。
botorusss.jpg 

夏から我が家庭の工事をしていて、ようやく駐車スペースが広がりました♪
ぜひ、遊びにいらしてください(*'ω'*)ノ

niwa.jpg 施工;bowcory's






稲妻の如く、雷鳴の様に激しく流れ落ちる滝~雷滝@長野~

雷滝
松川本流が雷鳴のように轟音を立てて落下しているので「雷滝」といい、滝の裏側を通り見れることから「裏見の滝」とも呼ばれ、平成15年3月1日に高山村の名勝に指定された。
 落差30m/幅5m
【場所】長野県上高井郡高山村奥山田荻久保
   

きっかけ( ^ω^)・・・
友人が紅葉のシーズンに行って良かったからと教えて貰いました♪
私が妙に食いついたのが「裏見の滝」という珍しい滝というところでしたヽ(≧∀≦)ノ♡
裏見の滝を初めてTVで観たのが熊本の鍋ヶ滝でした~♡いつか行ってみたいです♪
熊本の鍋ヶ滝

そして、雷滝に恋い焦がれて、ようやく叶いました!
今回は母も行きたい!!と言うことで、朝4時半に出かけることにしました♪
母が梅干しのおにぎりと黒にんにくを持ってきてくれて、スタミナも充分(笑)

朝8:30頃到着(駐車場)
※裏見の滝ということで、カッパ着用しました(おススメです)

雷滝駐車場 

降り口はすぐ横

雷滝05 

kaminaridaki1.jpg

ほんの少し下ると、直ぐに滝が見えてきます
このチラッと見えてくる滝が興奮します(キャッ♡)(//>ω<)(//>ω<)
雷滝04

すっっごい落ち方をしてます!!!!(足がすくむ)

雷滝01 

くぐって行くのがちょっと怖い・・・
でも、母は大はしゃぎでズンズン進みます(;'∀')ノお~い!

雷滝03 

この流れ落ちる様が「稲妻」みたいに見えるらしいです!!確かにギザギザしています( /ω)
ものすっっごい勢いがある滝で、ここは修行には向かないのかな~?なあんて考えながら、流れと共に自分の色んなものを流しました:(´◦ω◦`):思わず拝みたくなる様な、素晴らしい滝がお隣の県にあった!!!最高~♪
雷滝06 

滝の中腹辺りまでは階段があり、簡単に見られるので、群馬の草津やお猿さんで有名な地獄谷温泉などの帰りに寄ることも可能です♪



帰りにお猿さんの群れに遭遇しましたが、とても人慣れしているのか?何もありませんでした(;''∀'')


安曇ちひろ美術館
帰りに安曇ちひろ美術館へ寄りました♪
黒柳徹子さんの“窓際のトットちゃん”の本の表紙を描いた有名な絵本画家さんの美術館です。
沢山の絵本にこれまた母が大喜びでした♪
ちひろ02 

庭のブルーサルビアが綺麗でしたぁ(*´~`*)るん♪
安曇ちひろ美術館01

日本には花と滝がいっぱいです♪自然豊かな国に生まれて幸せです(*´ω`)









~女ひとりで滝を楽しむ旅~七ツ釜五段の滝@山梨2017年8月末

西沢渓谷の七ツ釜五段の滝
山梨の旅2日目は、ちょっとしたミスで(;'∀')下調べでは簡単に滝が観れると思って二か所渓谷に寄る計画を立てておりました!
。。。が、渓谷の入り口の“1周4時間”という看板の前で初めて4時間コースだと知り、さすがに暫く(今日家に帰るっていうのに、この予定は、行けるのか?!)
って覚悟を決めるのに少し時間を使いました(笑)しかも、一番観たい滝が最奥っていうからにはねぇ~(;''∀'')
一応、トレッキングの装備でしたが、朝食も抜いたし水しか持っていなかったのでした。
まあでも、メジャーなコースの様だし、お昼には戻れそうだったので、入ることにしました!(^^)!

西沢渓谷入り口 

アクセスJR山梨市駅からバスで60分(「西沢渓谷入口」下車)
中央道勝沼ICから60分
駐車場市営駐車場(60台)
道の駅みとみ北側駐車場(200台)
※紅葉の時期のみ有料
特徴西沢渓谷は、秩父多摩甲斐国立公園内に位置し国内屈指の渓谷美を誇る景勝地です。
巨大な花崗岩(かこうがん)を清流が浸食してできた渓谷は、天然の芸術のごとく、原生林を流れる渓流がいくつもの滝を作り、神秘的な魅力に満ちあふれています。
「日本の滝百選」にも選ばれた名瀑・七ツ釜五段の滝を筆頭に、三重の滝、竜神の滝、恋糸の滝、貞泉の滝などさまざまな滝が織りなす渓谷美は、まさに圧巻です。
渓谷内は遊歩道が設けられ、渓谷ならではの四季の変化が楽しめます。特に5月のシャクナゲや秋の紅葉の時期には、多くの観光客が訪れます。
また、西沢渓谷は森林浴のリラックス効果が実証され、森林セラピー基地に認定されているほか、「平成の名水百選」「森林浴の森100選」「水源の森百選」などにも選定されています。備考遊歩道は冬期閉鎖あり。(12月1日~4月28日:積雪等の状況により前後する可能性があります。)
どうやら、沢山の滝を調べすぎて、色んな情報がごっちゃになっていたらしいです。。。
計画はちゃんとしましょうね(。>ω<。)ノ

①西沢渓谷入り口
   ↓(30分)
②西沢山荘
  手前に甲武信々岳の登山口がありました
西沢山荘

   ↓(20分)

西沢渓谷 道 
   ↓
(大久保の滝)
大久保の滝 

   ↓

③三重の滝
三重の滝 
   ↓(10分)
④人面洞
   ↓(10分)
⑤竜神の滝 『釜もあって美しい』
竜神滝 

   ↓(5分)

⑥恋糸の滝 「うん、なるほど!!可憐な感じ♡」
恋糸 

   ↓(5分)

⑦貞泉の滝   『滝つぼが美しい!!』
貞泉の滝 

   ↓(5分)

⑧母胎淵 『子宮の形でしょうか?淵が綺麗でした』
西沢渓谷 母胎渕    ↓
小さいながらも滝をまたいで進む箇所が数か所ありました
西沢渓谷 道滝 

   ↓(25分)
⑨七ツ釜五段の滝
ここは高い場所から見下ろす感じでした!!全貌が見えないのは残念でしたが、釜が何段もあるので、「これだぁー(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー」とわかりました♪(もっと近くで見たかった!!)
七ツ釜五段の滝02 (2) 

七ツ釜五段の滝02 

   ↓(5分)

⑩不動滝
西沢渓谷不動滝 

   ↓(15分)

⑪旧森林軌道 ※旧トロッコ道を延々と下って迂回します
西沢渓谷 トロッコ02

この渓谷は沢が多くて嶮しさを感じます!!
いくつもスケスケの谷底の上を歩くのでいい加減つり橋もスケスケ橋も怖くなくなりました(´∀`*;)ゞ
しゃくなげ橋()つり橋 

   ↓(35分)

⑫大久保沢
   ↓(30分)

⑬ネトリ大橋
   ↓(20分)

西沢渓谷入り口(到着!!3時間半でした)

ポスター 

いやぁ~(〃ノωノ)こんなに沢山の滝が楽しめるとは思っていなかったので、大満足でした♡
山梨の渓谷は山道もめちゃくちゃ急な所があって、川も急流!!だからこそ岩が削られて美しい釜や淵が観られるんですね~✨

。。。が、こちらの渓谷も見ごろは春と秋ってことで、またしても空いている狙いで人もまばら('◇')ゞ春はシャクナゲが美しいそうですよ。。。

そして、お腹ペコペコだったのですが、
日帰り温泉に入ってから、お目当てのほうとうを食べて岐路に向かいました!!

やまなしフルーツ温泉ぷくぷく
絶景を眺めながら宝石風呂ってのが良かったです♪
やまなしフルーツ温泉ぷくぷく

ほうとう 蔵 歩成~フルーツライン店~
ほうとう 

お腹ペコペコで1:30pmようやく食べられて、美味しかった~~~~(*´~`*)

ここから更に
静岡の白糸の滝も見て帰りました!!
予想以上の迫力でした(''ω'')ノ
カメラを忘れたので、
富士宮市観光協会より
白糸 
あぁ。。。本当に満喫の旅でした♪


~女ひとりで滝を楽しむ旅~仙娥滝@山梨2017年8月末

昇仙峡の仙娥滝

今回の旅のきっかけは、次男が合宿免許で長野県の駒ケ根を選んだところから、送迎ついでに滝に行こうと計画しました♪
何気に長野を外れて甲府周辺を調べると、滝がわんさかあって、本当にどこに行こうか・・・いっそ2泊くらいしてゆっくりしようか・・・(´・_・`)結局、真面目な?主婦は1泊の壁を越えられず(;'∀')1泊で行ける範囲で巡ることにしました♪

1日目は午後からささっと寄れる仙娥滝(せんがたき)に行くことに♪
駒ヶ根から中央自動車道で韮崎で降りて、あとは下道でブドウ畑を抜けながら、甲府ってワイナリーもあったりして魅力的ですよね~♪
昇仙峡ラインは今までで一番すごいグネグネ道が延々と続き、クタクタになりましたが、何とか着きました!

昇仙峡
全国観光地百選の渓谷部門第1位や名水百選にも選ばれていて、本当は紅葉が素晴らしいらしいです(´・Д・)」・・・が、人混みが嫌いな私は一生観られないんでしょうね~(笑)
仙娥滝は落差30m近隣の駐車場から5~10分程度で簡単に観られるので、家族連れで賑わっていました。滝口の幅もあり、迫力満点で滝つぼも美しいので、とても美人な滝だと思いました(*´v`)

仙娥滝01

仙娥滝の少し下流に位置する“石門”もとても不思議でした(''_'')

石門 

map_c.jpg
クリスタルサウンドという水晶博物館は、沢山の石が展示されていて、パワーストーン好きな方には目がキラキラする場所だと思います♪

他にも影絵の森美術館などがありましたが、時間がなくて寄れませんでした(;_;)

更に、荒川ダムの上流にあるらしい秘境の板敷渓谷“大滝”を観に行こうと向かったのですが、駐車場から大きなトンネルを歩いて抜けていかなければならなくて、もう夕刻だったので、泣く泣く引き返して来ました。。。(諦める時は諦めないとね~)(T_T)

この日は甲府のホテルに。。。アーバンヴィラ古名屋ホテル
ちょっと高級でしたが、このロビーの(人工ですが)滝に惹かれて♪

Y324167175.jpg

この辺りは甲府温泉といって、普通に大浴場は温泉でした(*≧∪≦)
夜はひとり怪しくカフェと串揚げやで飲んでから寝ました(つ∀-)Zzzz
翌朝は朝食キャンセルして早朝に温泉に入って6:30にはチェックアウト。。。

2日目に続く。。。


 





sidetitleプロフィールsidetitle

マウナ

Author:マウナ
女ひとりで滝巡り( *´艸`)

*ご連絡*
只今、メニュー工事中のため、暫くセラピー&マナカードをお休みさせて頂いております

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleAloha!!(*'ω'*)sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる